会社に関わる印鑑は豊富にある

イメージ画像

会社に欠かせない印鑑としては、代表印がありますね。
これがなければ会社をはじめることさえ出来ませんから、絶対になくてはならないものです。
個人の場合は、これが実印の扱いとなり、
他にも銀行印や認印などといった印鑑をもつのが一般的です。
会社の場合も、同じ考え方が出来ます。
会社だって、会社名義の契約をする機会は多いですから、
会社のための銀行印、会社のための認印があるものなのです。

代表印はとても大事なものですから、認印がわりに使うようなことがあってはいけません。
これが必要になってくるような場面はそれほど多いわけではありませんから、
普段は利用せずに、しっかりと厳重に保管しておくようにしましょう。
他の社員が簡単に持ち出せるような保管の仕方は絶対にあってはいけません。
たまに、個人用の印鑑として、実印も銀行印も認印もかねているような人がいます。
若いうちはそれでもそれほど影響はないかもしれませんが、何か重要な契約をしたり、お金をたくさん預けるような銀行口座がでてくれば安易に偽造されてしまうような可能性だってでてきます。
そのような心配を避けるためにも、
早いうちに大事な場面で使う印鑑を用意しておくといいでしょう。

会社の場合は、はじめたばかりであっても、重要な契約は多いはずです。
最初のうちから、しっかりと使う印鑑はそろえておくほうがいいでしょう。
それが、会社を始めるうえでの、最初の仕事も言えるかもしれませんね。

このページの先頭へ