代表価格

イメージ画像

会社に欠かせない代表印を作るとき、
どれくらいのお金を用意しておけばいいだろうと考える人も多いことでしょう。
会社を始める場合には、いろいろと資金が必要となってきますから、できることなら、
それほど負担にならないような価格で用意できた方がうれしいですよね。
だからといって、あまり安すぎるのもあまり縁起が良くないような気がしますから、
標準的な印鑑の価格で、買えることが出来ればと思ってしまうものです。

ですが、代表印は通常の印鑑よりも少々お高めであることが多いのです。
その理由は、代表印が完全な特注品だということがいえるでしょう。
代表印ならば、代表印であるしるしと、会社名が入っているのが一般的ですから、
普通の名字だけ入っているような三文判と比較すれば明らかに文字数も多くなります。

さらに、印鑑自体も大きく、デザイン的にも難しい形となりますから、
その分値段も増すということです。
ですが、求める人が多ければその分値段も下がりますから、
最近ではかなりお手頃な法人用の印鑑も出てきています。
インターネットショッピングでは、
法人用の印鑑の加工をしてくれるところもたくさんありますから、比較してみるといいですね。
見た目よりも中身が大事と考えれば、
そこにお金をたくさんつぎ込むことは、必ずしも必要ではないという考え方だって出来ます。
会社に恥じないようなお手頃の印材を見つけて、それで印鑑を作ってもらうのもいいことでしょう。

このページの先頭へ